加齢臭が消える洗剤の効果は?

加齢臭が消える洗剤は?おすすめは…

洗剤

気になる加齢臭は、着用後の衣類から臭うこともあります。
洗濯して臭いを落としたいと思っても、衣類に残ってしまった加齢臭は意外と頑固でなかなか取れません。
そこで、加齢臭に効果があるおすすめの洗剤を紹介します。

 

まずは、「アタック消臭ストロングジェル」です。
高浸透洗浄成分配合で繊維の奥までしっかりと消臭するので、加齢臭や尿臭まで落とせます。
ジェルタイプで水に溶けやすく、有効成分が生地の奥まで素早く浸透して臭いの原因へとアプローチします。

 

アタック消臭ストロングジェルが粉末タイプになった「アタック消臭ストロング粉末」もおすすめです。
ジェルタイプと同様の効果が期待できますし、臭いの原因菌を99パーセント除菌します。
粉末洗剤の特徴は、“酸性の汚れに対して強力”なことで、加齢臭の原因となる皮脂酸は酸性なので高い効果が期待できます。

 

また、生乾きの嫌な臭いを防げる「きえ〜る微笑」もおすすめです。
抗菌力が高く、乳酸菌を増殖させる作用があるので、酸っぱい汗の臭いや加齢臭に高い効果を発揮します。
洗濯槽のカビを防ぐ効果もあるので、洗濯物に加齢臭が残りにくくなります。
部屋干しにありがちな生乾きの臭いと加齢臭をダブルで抑えられるため、高い効果が期待できます。

 

 

加齢臭は衣類に残りやすい

 

加齢臭が衣類に残ってしまう理由とは、何なのでしょうか?
加齢臭の原因は「ノネナール」という物質で、毛穴の皮脂腺から分泌される脂肪酸が酸化することによってできています。

 

ノネナールは青臭い臭いが特徴で、本来はホルモンの働きによって生成が抑えられていますが、加齢とともにホルモンの働きは衰退していきます。
ノネナールの生成を抑えることが難しくなり、増加してしまうことで、加齢臭が気になり始めるのです。
皮脂などの成分が衣類に付着すると、そのほかの成分に比べて落ちにくくなります。
加齢臭の原因であるノネナールは、皮脂腺から分泌される脂肪酸が変化した物質であるため、通常の皮脂と同じく衣類に付着すると落ちにくいです。

 

そのため、体臭対策に特化した洗剤や、皮脂汚れを落とす専用の洗剤でなければ、洗濯しても衣類に残りがちになってしまうのです。

 

また、市販の洗剤のほとんどは酸性の汚れを落とすのにあまり向いておらず、界面活性剤の配合が抑えられていたりします。
ですが、加齢臭の原因は酸化した皮脂であるため、酸性の汚れを落とせる洗剤が必要になります。
どうしても加齢臭を落としたい衣類がある場合は、体臭に特化した、酸性汚れを落とせる洗剤を用意しましょう。

 

 

当然体臭ケアが一番大事

 

衣類に残った加齢臭をしっかり取るのは大切なことですが、日頃から体臭をケアしておくのも大事なことです。
体臭に気を遣ってケアを続けていけば、現在気になっている加齢臭も少しずつ改善されていくかもしれません。
加齢臭を身体の中から除去したい場合は、まず食事に気を付けてみましょう。

 

脂っこいものや、動物性脂質を多く含む肉類などは、加齢臭を悪化させることに繋がってしまいます。
コンビニ食やジャンクフードなどの食事が続くことでも、キツイ体臭が発生してしまいます。
できるだけ野菜中心の生活を心掛けましょう。

 

また、日々の生活で蓄積されていくストレスが加齢臭を悪化させてしまうこともあります。
疲れがとれにくく感じている人や、何となく気分が悪い日が続いている人は、ストレスを溜め込んでしまっているかもしれません。
一日の中にほんの少しでもリラックスできる時間を作り、ストレスを溜め込まない生活を送る努力をしてみましょう。

 

運動不足で身体と心にストレスを溜め込んでしまう人も多いので、「最近思い切り運動をしていないな…」と感じているなら、ウォーキングや散歩など軽めの運動からで大丈夫なので始めてみると良いでしょう。

 

加齢臭もワキガも完璧消臭!おすすめ消臭クリーム